ウーマン

悪玉活性酵素を防げる水素水|シミやシワを対策できる水

活性酸素を効率良く除去

コップ

活性酸素の働き

活性酸素には、体内で良い働きをするものと悪い働きをするものとがあります。前者は、主にウイルスの入り込んだ細胞を酸化することで、それを体外に排出させる働きをします。つまり、ウイルスから体を守っているわけです。後者は、ウイルスの入り込んでいない正常な細胞をも酸化させます。これにより元気な細胞が減っていくことで、体調不良を起こしやすくなったり老いたりするのです。昨今では、活性酸素を除去できる抗酸化物質の摂取がブームとなっていますが、抗酸化物質の中には、良い働きをする活性酸素をも除去してしまうものがあります。しかし高濃度水素水なら、悪い働きをする活性酸素のみを除去します。そのため活性酸素から体を守るために、多くの人が高濃度水素水を利用しています。

具体的な水素濃度

水の中には、もともと多少の水素が含まれていますが、それをより多く閉じ込めたものが、高濃度水素水です。具体的には高濃度水素水には、1.0ppm以上の水素が含まれているのです。水における水素濃度の限界値は1.6ppmなので、それに近い数字を示している水素水ほど、高濃度と言えます。しかし昨今では、技術開発により、1.6ppmよりも高濃度の水素水を作ることが可能となっています。水素をナノ化することで、より多く水に溶け込ませるのです。この技術で作られた高濃度水素水を飲めば、より効率良く活性酸素を除去できると言えます。ただし、水に閉じ込めた水素はどんどん抜け出ていきますし、それにより濃度は1.6ppmまたはそれ以下になります。そのためたっぷりに水素を摂取するためには、高濃度水素水を開封後すぐに飲むことが大事です。