ウーマン

悪玉活性酵素を防げる水素水|シミやシワを対策できる水

購入前に商品情報を集める

コップを持つ人

濃度やコスパも簡単に比較

水素水の濃度は商品ごとに大きく違います。濃度はppmという単位で表記しますが、一般的に0.08ppm以上が水素水として扱われ、それ以下の濃度は水素濃度の濃い水という扱いです。当然濃度が濃い方が水素の効果は高いとされています。しかしどの商品の濃度が濃いかを知るのは数多くの商品がある現状では難しいものがあります。そこでよく活用されているのが、水素水のランキングサイトと呼ばれるものです。これらのサイトは数多くの水素水の商品について情報を無料で公開しており、良い点と悪い点の両方を含めて個別の商品の特徴や評価が分かります。どの商品がコスパが良いかといったことも、ランキングサイトならば比較も容易です。

種類ごとの押さえたい特徴

商品としての形態は実は様々な種類があるのが、水素水という健康食品です。主な種類としてはアルミパウチタイプ、スティックタイプ、サーバータイプなどがあり、それぞれの魅力をランキングサイトなどを利用して情報を集めておくと、自分の生活スタイルに合った水素水を選べます。各水素水の種類ごとの特性を見ていくと、まずアルミパウチタイプはそのまますぐに飲めるという利点があります。水をそのまま持ち歩くことになるため、携帯には向きませんが、手を掛けずに摂取できます。次のスティックタイプは、最近は水素水の売上ランキングでも上位のタイプです。水で溶かして飲むため携帯が容易で、保管スペースも取りにくい利点があります。そしてサーバータイプは、ウォーターサーバーを使って飲用でき、コスト面で安上がりな上にお湯としても水素水を使える利点もあります。